トスカーナ気持ちいい風が吹き抜ける宿

投稿日:

トスカーナ4日目、移動する日になりました。

お世話になった Il maraviglio はとても居心地がいいので

もっといたいなあとグズグズ支度したり犬と遊んでいました。

周りには、オリーブと葡萄畑以外なにもありません。

そこがよかった

昨日は自転車で葡萄畑を眺めながら60キロ走りました。

高低差があって眺めは最高❗️でも登り坂がキツいこと💧

「なんでこんな事やってんだろ😫」と自問自答してました(苦笑)

そんな時、反対側を走っているロードレーサーのお兄さん達から

『アレ‼️アレ‼️』って声をかけてもらったのです。

がんばれーって意味かな?うれしかったなあ( ´ ▽ ` )

辛そうな顔してたんでしょうね(苦笑)きっと

私はマウンテンバイクなので遅くて、後ろからどんどん抜かれるのですが

抜いていくときも皆さん優しく声をかけてくれました。

IL Borro(目的地)が思ったより遠く、暑くてお尻が痛くて

途中で引き返そうかと思った時にも

『アレ‼️アレ‼️』と声をかけてもらいました。

応援してもらうのって、気持ちいいですね( ´ ▽ ` )

さて、本題は今回泊まったAirbnb 民泊のこと。

この宿は晩ごはんをみんなで食べます。

昨夜は宿の主人のお父さんとお母さんも合流して

ゲスト5人とホスト4人という賑やかな夕食となりました。

それぞれの宿でルールは全く違うみたいですけどね。

最初のミラノは、普通のホテルと変わらなくて(部屋に風呂トイレがないだけ)

エストニアでは、友達の家の部屋を借りているようで気が休まらなかった💧

今後はハウスルールをよく読んでから予約することにします。

今日まで滞在したトスカーナのIL Maraviglio はフィレンツェから電車で30分

駅から車で15分ほどのオリーブと葡萄畑に囲まれた自然の中にあります。

テラスの下に畑があり、そこでできた新鮮な野菜が食卓にのぼります。

夕飯に出てきたインゲンもアーティチョークも初日のアスパラガスも

味の決め手となるニンニクやトマトソースも自家製です。

ワインは近所から買っていて、瓶にラベルが付いていませんでした。

オリーブオイルも自家製だし、あれ?

これってアグロツーリズモじゃん

島村奈津さんの『スローフード革命』だったかな

農業からの収入が7割以上じゃないとアグロツーリズモって名乗っちゃダメって

書いてあったような、、、。

駅まで送ってもらった車中で、なぜアグロツーリズモと名乗らないのか聞いてみました。

マッテオ曰く、アグロツーリズモは名前ばかりになっている。

なぜかと言うとアグロツーリズモだと税金が安くなるから

だから、コネを使って名前だけ取得する。

なるほどね

*どこかの国でもよく聞く話です

だから山の上にあったプール付きのホテルが、アグロツーリズモって看板を出してたり

昨日見たIL Borroはまるで領主様のお屋敷で、とんでもなく広い。

ちなみに世田谷区より広いそうです😱

ここもアグロツーリズモ💧

混乱してますが、とにかく

マッテオの宿 IL Maraviglio はのんびりできてよかったです。

なによりも、ごはんやワインが美味しい❤️

フィレンツェから電車で30分最寄り駅に迎えに来てくれます。

いつもとひと味違うイタリア🇮🇹トスカーナ

気持ちいい風が吹き抜ける宿

次の旅行にいかがでしょうか?

興味のある方はご連絡ください、詳しい行き方教えますよ。

追伸

今、フィレンツェ駅前のマクドナルドでこの記事を書いています。

今夜のバスで一気に南下してターラントという町を目指します。

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください