旅先でふれる人の優しさ〜その1〜

投稿日:

旅先で経験した優しさの話

うーーーーんたくさんあってどれから書こうかな

モロッコ マラケシュにバスで夜8時に到着した夜のこと

リヤド(邸宅を改造した宿)の場所がどうしてもわからなくて

今思えば、城壁の中は迷路になっていて自力で辿り着ける訳がない

なのに、私と友人は大きなスーツケースを転がしてウロウロ

ああああ、最も嫌なパターン( ´Д`)

困り果てて目の前の雑貨屋のおじさんに宿の名前を見せてみる。

ちなみに言葉は全く通じない

*フランス語は1,2,3と挨拶しかわからない

おじさんはその宿に電話してくれて、店内にいた若者に

私たちを連れて行くよう頼んでくれた(^-^)うれしかった

そう、20歳のとき

オランダ アムステルダムでムエタイ修行中の頃

休みにローマで遊びに行き、テルミニ駅で両替中に起きたこと

カウンターのお兄さんが仕切りの向こうから何か言ってるんだけど

イタリア語はもちろん、英語もほとんどわからなかった当時

小声で何か言って、リラ(当時はまだリラでした)をくれない

どうしたんだろう、、、訝しげに思っていたら

私の後ろを怪しい奴がウロウロしてて(夜のテルミニ駅だしね)

どうやら狙われてたみたい

だからお兄さんはすぐお金を渡さずに、私と会話している風にして

私の背後の奴がいなくなるのをじーっと見ていてくれた。

今考えると、ホント無防備(-.-;)

テルミニ駅両替所のお兄さんのおかげで、私は無事で

嫌な思いを全くせず、ローマを満喫しました。

思い出すと、その土地その土地の親切な方々のおかげで

無邪気に旅を楽しめたんだと思います。

現在の私は

池袋駅で迷子になってるフランス人アニメ大好き青年を

アニメイトに連れて言ったり

新宿駅で階段をスーツケースが重すぎて降りられない

女子二人組のスーツケースを持ってあげたり

困っている旅行者は助けるようにしています。

でもさあ

荷物は自分で持てる重さにしたほうがいいよね(笑)

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください