あれがなかったら、今の私はない~アムステルダムの記憶~

投稿日:

時々、修行の記憶が蘇る

ムエタイをやりたくて行ったのに、毎日の練習時間が苦痛だったなあと

なぜかと言うと圧倒的に弱かったからです。

チャクリキ道場は超実戦重視で

スパーリングの回数がとても多かった

自分より弱い相手に対して、当たり前だけど容赦ないのです、みんな

そして、そして

当たりたくないなーと思っている選手に限って毎回私を指名するんだよね😨

『Yuko!!』

溝落ちがザワザワして胃がムカムカする

だって、毎回毎回ボッコボコに殴られるんだよ

顔面なしとかそんな甘っちょろいルールじゃないんでね

毎日殴られすぎて顔は腫れるし、頭は痛いし

プライドも傷ついたしよく泣きましたね、ひとりで

もちろん毎日2回練習してたから、少しずつ強くなってきたんだけど

それでも

練習前は緊張して、毎回胃がキューッとなりました

真冬の冷たいコンクリの上で裸足で跳ぶ縄跳び

硬いコンクリの床で拳立てしながら跳んだり、凄まじかった

初めてやった時は痛かったなあ

グローブとリングの汗臭さと埃と皮が混ざった匂い

思い出したら胃が痛くなりそうだ

この経験のおかげで強くなったし直感も磨かれた

怖いこともかなり減ったけど

最大の収穫は、親のありがたみが分かったこと

先生やまわりの人に優しくしてもらったこと

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください