深夜のHCU、呼吸の音が聴こえる

投稿日:

救急受付で3階のHCUへ行くように案内され小走りで向かう

エレベーターに乗っても私の拳は握ったまま

ICUの前を通り、誰もいない病院の廊下を急ぐと

セキュリティで管理された自動ドアの向こうに

ドアがなくカーテンで入口を隠した個室がずらっと並ぶ

左側の二つ目の部屋のカーテンを開ける

人工呼吸器をつけたシューシューという音が聴こえる

                           生きてる

ホッとして腰が抜けるとはこういう事か

ヘナヘナと崩れ落ちそうな自分を慌てて立て直す

首をがっちりコルセットで固定され

人工呼吸器をつけて呼吸は荒いけど、とにかく

                           生きてる

お母さん?と恐々呼んでみると、少しだけ目を開ける

なにか言いたそうに、じっと私を見る

話しかけると1ミリほど頷いたり顔を横に振って意思表示をする

                意識もしっかりしてる

手を握ると最初は弱々しく、次第にしっかりと握り返してきた

                  麻痺もないみたい

顔はキレイだし、額にちょっと擦り傷はあるけど

母の顔も身体も私の記憶のまま

この夜のこの時ほど、私は嬉しくて幸せで

すべてのことに感謝したことはなかったように思う 

ひとりになったら気が緩んで泣いちゃうのかな

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください