自分で自分を祝う〜その2〜

投稿日:

〜その1〜の振り返り

自分自身の誕生日を祝うこと

行きたかった場所や、精神的に意味のある場所に行ったり

自分の気持ちが上がることをしたらいい

それもとても大切だけど、もっと大切なことは

自分のミッションステートメントを見直すこと

これは、「7つの習慣」をまともに読んでから続けています。

3年後の自分の葬式を想像し

その時、大切な人たち家族、友人、仕事仲間に

伊藤祐子はどんな人物だったか

言って貰いたいことを書き出します

これによって、生まれて初めて

本当に自分のしたいことがはっきりとわかったんです。

まるで旅に出る前に

地図を広げて

コンパスを置いたみたいに

自分の進むべき道が見えてきます。

辛いとき、思い通りにいかないとき

進むべき方向に迷いが生じた時は必ず読み返します。

*役に立ったエクササイズを一つだけ

と言われたら私は迷わずこれを勧めます。

 

 

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください