衝撃的な『圧倒的な負けから入る人生』の話

投稿日:

いっとき世界一周をしたひとのストーリーをよく読んでた。

世界一周を決断する→会社に辞表を出す、、、、おいおいおい

なんだか会社を辞めなきゃ世界一周できない!みたいな流れになってる

「一気に行くには時間が必要だし、どうせあんまり好きじゃなかった

よーし、いい機会だから辞めちゃうか‼️」ってな感じで

そんで帰ってきてから本を出すってパターン*私はやってませんけど

全行程自転車で周るとか、納豆ばっか食べ続けるみたいなテーマがあると確かにおもしろい

でもほとんどは、自分探しという名目で世界中で迷走

もちろん私も迷走してたし、未だに迷走中だけどねー。

だいたい、なんでアムステルダムに1年いたのかは未だに謎

*またその話かよ!と思わずに読んでね

強くなりたいのは分かるけどさあ

何もオランダに住まなくても良くない❓😅

一昨日聞いてたyoutubeの和佐木坂ラジオで印象的な事を聴いた

『圧倒的な負けから入る人生』って木坂さんの言葉を聴いた瞬間

すごく響いた

確かにあの頃チャクリキでは、私はぶっちぎりで弱かった。

実力差がハンパないから毎日顔とかボッコボコに殴られる。

2対1のスパーリングの時なんか、振り返ったら隣のチームの子の肘が見事に入って

鼻が折れるところだった。

*幸運にも折れなかったけど、翌朝起きたら内出血で顔がパンダみたいでした

今思うとめちゃくちゃだけど、限りなく実戦に近い練習でした。

そんな『圧倒的な負けから入る人生』で私の20代は始まった

言葉が通じなくて、オランダ人に話しかけるのも

ひとりで外に出かけるのも勇気が必要だった。

ものすごく強い子とスパーリングするのが怖かった。

それなのに、その子はいつも私を指名してきた、、、

だから毎日

弱い自分を発見して恐怖を克服した

観光じゃない旅をするのはいいものです。

そのために旅に出やすい仕事にしてきたのかもしれません。

いつか行きたい、じゃなくて

足腰が元気なうちに、冒険ができるうちに

自由に世界を見て回りたい

その土地の匂いを嗅いで、地元の物を食べて地元のお酒を飲んで

自分の中の何かを発見します

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

seislios

自由でお金のかかないひとり旅が大好きで セールスパーソンをしながら、1年のうち4週間以上旅に出ています。 美味しいものとワインが大好き 得意料理は皮から作る餃子です。

最新記事 by seislios (全て見る)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください